/

この記事は会員限定です

帰還困難区域の除染、6町村で18年秋に本格化 環境省

[有料会員限定]

環境省は2018年秋から、東京電力福島第1原子力発電所事故で立ち入りが制限されている帰還困難区域の除染を本格的に始める。10月にも飯舘村で作業をはじめ、18年度中に6町村で取り組む。4年前後で除染した区域の避難指示解除を目指し、約8000人が住めるようにする方針だ。除染が遅れた帰還困難区域での作業を急ぎ、復興にはずみをつける。

帰還困難区域は年間の放射線量が50ミリシーベルトを超すなど特に放射性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン