/

この記事は会員限定です

氏名の読み、行政がデジタル登録 本人確認を効率化

政府・与党、21年にも

[有料会員限定]

政府・与党は住民の氏名の読み仮名をデジタルデータで登録する方針を固めた。いまも市役所などで出生届や転入・転出届を出す際には、読み仮名を記入する例が多いが、行政機関で広く共有するのは漢字だけだ。2021年にも国でデータベースを持ち、行政機関に登録を義務付ける。税や社会保障など幅広い分野で本人情報の照合が早くなる見通しだ。

いまは住民が確定申告などの手続きをする場合、行政機関は12桁のマイナンバーと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン