/

この記事は会員限定です

いすゞ、EVトラック20年度量産 環境投資に狙い

[有料会員限定]

いすゞ自動車は2020年度までに電気自動車(EV)トラックの量産を始める。今年中に発売する試作モデルに物流業界からの引き合いがあり、一定の需要が見込めると判断した。先行する三菱ふそうトラック・バスも20年までに次期モデルを発売する見通し。小売りや物流企業が環境配慮を顧客に訴えたい意向が強まっており、商用車でもEV転換の兆しが見えてきた。

英仏中が昨年、ガソリン車やディーゼル車の規制を強める検討を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン