2018年9月26日(水)

成功率はわずか2割 M&Aは失敗の歴史

モネータ
経済
2018/8/30 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 世界で繰り返されてきたM&A(合併・買収)。日本企業の海外買収の成功率は1~2割、海外企業同士でも5割とされ、その多くが失敗の歴史だ。M&Aの実施前後の時価総額の比較が成否を判断するモノサシのひとつ。M&Aを実施する前の単純合計値から時価総額が落ち込み、1+1が3どころか2にもなっていない例が多いことが分かる。

 「バブル期の買収のにおいがした」。産業創成アドバイザリーの佐藤文昭共同創業者がこう指…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報