/

この記事は会員限定です

成功率はわずか2割 M&Aは失敗の歴史

[有料会員限定]

世界で繰り返されてきたM&A(合併・買収)。日本企業の海外買収の成功率は1~2割、海外企業同士でも5割とされ、その多くが失敗の歴史だ。M&Aの実施前後の時価総額の比較が成否を判断するモノサシのひとつ。M&Aを実施する前の単純合計値から時価総額が落ち込み、1+1が3どころか2にもなっていない例が多いことが分かる。

「バブル期の買収のにおいがした」。産業創成アドバイザリーの佐藤文昭共同創業者がこう指摘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン