松江和菓子7店 秋冬版「不昧菓」 藩主・治郷公の没後200年

2018/8/29 19:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

彩雲堂、風流堂など松江市内の7つの和菓子店は、オリジナル和菓子「不昧菓(秋・冬)」を創作した。松江市に独自の茶文化を広めた松江藩主、松平治郷(不昧=ふまい)没後200年にちなむ記念事業の一環で、4月に発売した「不昧菓(春・夏)」に続く第2弾。

江戸時代の文献や不昧公に関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]