/

この記事は会員限定です

和牛輸出最多ペース 1~6月44%増 台湾解禁追い風

[有料会員限定]

国産牛肉(和牛)の輸出ペースが過去最高を更新している。昨年9月からは台湾への輸出が解禁。今年5月にはオーストラリアへの輸出が始まるなど有力市場の解禁を追い風に輸出量が伸びている。政府が掲げる農産品輸出1兆円の目標をけん引するが、さらなる輸出拡大には課題も多い。

財務省貿易統計によると、1~6月の国産牛肉の輸出量は1544トン。前年同期比で44%増加した。金額ベースでも108億円と37%伸びた。今後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン