2019年5月26日(日)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,117.22 -33.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,100 ±0

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

三菱マテリアルの取締役選任に反対 経営トップなど
三菱UFJ信託銀、議決権行使結果を公表

2018/8/29 20:00
保存
共有
印刷
その他

三菱UFJ信託銀行は29日、2018年4~6月に開かれた株主総会での議案の賛否結果を公表した。三菱グループとして関係の深い三菱マテリアルについて、品質不正問題の責任があるとして、経営トップなど4人の取締役選任に反対した。不祥事を起こした企業に対し、グループに関係なく機関投資家として責任を追及する姿勢を明確にした。三井住友信託銀行も三菱マテリアルの一部役員の選任に反対票を投じた。

三菱UFJ信託銀が三菱マテリアルの総会で反対票を投じたのは、招集通知にあった竹内章社長(当時、現会長)と現社長の小野直樹氏(当時副社長)、副社長、専務の4人の取締役選任議案。判断理由は「同社の不祥事に関し責任がある」と記した。

三菱マテリアルは招集通知を発送した後も不正発覚が続き、6月11日に竹内氏の引責辞任と、小野氏の社長昇格を発表した。22日の株主総会開催後の取締役会を経て小野氏が社長に就任するという異例の事態となった。

三菱UFJ信託は4月に改定した議決権の行使基準で、不祥事が起きた企業の取締役の再任について、不祥事行為に関与したか、責任があると判断した場合に反対するとしている。今回、こうした基準に基づいて判断したようだ。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム