2018年9月22日(土)

ロッテ会長に14年求刑 韓国検察 控訴審で

サービス・食品
朝鮮半島
2018/8/29 17:40
保存
共有
印刷
その他

 【ソウル=山田健一】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領とその友人を巡る国政介入事件で、贈賄罪などに問われ一審で懲役2年6月を言い渡された韓国ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長の控訴審公判が29日、ソウル高裁で開かれた。聯合ニュースが伝えた。検察側が懲役14年を求刑して結審した。判決は10月に言い渡される見通し。

 辛被告は贈賄罪のほか、グループの不透明な資金処理に関し横領と背任の罪でも起訴され、一審で2つの公判にのぞんだ。二審では2つの事案が合わせて審理され、検察は29日の公判で「被告は重大な罪を犯した。一審のときのように量刑が不当に低くならないよう望む」と主張した。

 懲役刑に加えて罰金1000億ウォン(約100億円)と追徴金70億ウォンも科すよう求めた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報