金融危機、白熱の政策論争(平成10年)
平成Politics30

2018/8/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「政策」がかつてなくクローズアップされた自民党総裁選がある。20年前の夏、参院選に敗れた当時の橋本龍太郎首相が退陣した時だ。

1998年の日本は金融に揺れていた。金融・財政政策の方向を決めるのが喫緊の課題だった。

当初は従来の党内力学通りに後継選びは進んだ。選挙当日の7月12日、まだ開票が続いている途中に動いたのは最大派閥の小渕派だった。東京・代沢にある竹下登元首相の私邸に村岡兼造官房長官ら派閥…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]