/

ジェットスター、高知と成田・関空を結ぶ路線開設

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは29日、成田空港と関西国際空港それぞれと高知空港(高知県南国市)を結ぶ路線を年内に開設すると発表した。観光やビジネスなどで関西と高知県を往復する場合は鉄道やバスを利用する人が多い。LCCを就航すれば新たな需要を掘り起こせると判断した。

同日に都内で開いた事業説明会で、片岡優社長が新路線の開設を明らかにした。「高知県ではLCCを利用したいという要望が非常に多く、自治体や空港からの手厚いサポートも期待できる」と開設に踏み切った背景を説明した。

同社はすでに四国で成田空港と高松空港(高松市)、松山空港(松山市)を結ぶ路線を持っているが、関西と四国を結ぶ路線は初めてとなる。

四国で現在就航している路線の利用状況は、いずれも好調という。高知路線を新たに設けることで四国全体での潜在需要を発掘し、家族連れ客などを取り込んでいく。

あわせて2018年6月期決算も発表した。売上高は前の期比8%増の570億円で、営業利益は3%増の11億円。3期連続で増収増益となった。旅客数は3%増の536万人だった。国内の路線網拡充とプロモーション活動による認知度の向上により、搭乗率が改善した。

同社は今期も積極的な国内路線の拡充を継続する考えだ。9月6日には成田空港と長崎空港を結ぶ路線を新設する。10月27日には、16年に休止していた関西国際空港と熊本空港を結ぶ路線を再開する。訪日外国人客を含めた国内旅行者の需要を開拓し、さらなる成長を狙う構えだ。

(下野裕太)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン