/

この記事は会員限定です

台湾・金門島にはためく中国国旗

アジア便り

[有料会員限定]

中国福建省アモイの目と鼻の先にあり、台湾当局がいまも実効支配する金門島。この地の繁華街「模範街」で異様な光景に出くわした。100メートルほどの通りの両側の店舗に中国国旗「五星紅旗」と台湾当局の旗である「青天白日満地紅旗」を交互にずらりと掲揚。中台統一派の一部団体を除き、台湾本島で中国国旗を掲げることはまれだ。

雑貨店の男性店主によると、中国国旗の出現は昨年10月。大陸(中国)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン