2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

投資番付

フォローする

TOPIXと連動性低い銘柄 上位の医薬、上昇目立つ
日本株番付

2018/8/29 14:04
保存
共有
印刷
その他

 米中の貿易摩擦や夏枯れ相場の中で、物色が定まらない株式市場。その中で手がかりの一つになるのが、東証株価指数(TOPIX)と値動きがどれだけ連動するかを示す「ベータ(β)値」だ。このベータ値の低い銘柄が7月末以降、堅調に推移している。

 ベータ値が1の企業はTOPIXが1%動くと株価が1%動く。0.5の企業はTOPIXが1%動いても、株価が0.5%しか反応しないことを示す。

 低ベータの上位には医薬関連企業が目立った。連動性が最も低い中外製薬の株価は7月末比で1割強上昇した。主力の関節リウマチ治療薬「アクテムラ」の販売が伸びており、今後も抗がん剤の販売が期待される。

 医薬品を手掛けるニプロも2位に入った。このほか、ニチレイサンリオも上位に顔を出した。連動性が低い上位10社のうち7社の株価が上昇した。

 SBI証券の鈴木英之投資調査部長は「日経平均などと比べTOPIXはさえない展開が続いており、連動性が低い銘柄に有利になっている」と話す。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム