2019年1月20日(日)

競馬実況アナ日記

フォローする

ほろ苦くも刺激に ばんえい競馬実況デビュー戦

(1/2ページ)
2018/9/1 6:30
保存
共有
印刷
その他

体重1トン級のばん馬(重種馬)がそりを引いて競い合う「ばんえい競馬」。8月20日、日本中央競馬会(JRA)所属の騎手がばんえい競馬の舞台である帯広競馬場(北海道帯広市)を訪れ、イベントやエキシビションレースに登場する「JRAジョッキーDAY2018」が催されました。筆者もイベントに参加し、競馬実況13年目にして初めてばんえい競馬のレース実況を体験することになりました。

20日も多くのファンが帯広競馬場を訪れた

20日も多くのファンが帯広競馬場を訪れた

普段、我々が実況している中央競馬や全国各地で行われる地方競馬は、サラブレッドなどの軽種馬の競走ですが、ばんえい競馬は重種馬の競走です。馬たちは騎手を乗せたそりを引いて歩き、直線200メートルのセパレートコースに設けられた2つの小高い障害を越えてゴールを目指します。かつては道内4カ所の競馬場で行われていましたが、現在は帯広でのみレースが開催されています。

JRAジョッキーDAYは毎年8月、中央競馬の騎手たちが帯広競馬場で現役のばん馬に騎乗して、ばんえい所属騎手のサポートを受けてエキシビションレースを行ったり、協賛レースやトークショー、ファンと交流したりするイベントで、今年で12回目を迎えました。筆者はこのイベントのお手伝いとして今年初めて声をかけていただきました。内容はJRA騎手の紹介セレモニーと表彰式の司会、ネットでの生中継の出演、そして「エキシビションレースの実況」。ばんえい競馬実況担当の太田裕士アナウンサー、大滝翔アナウンサーをはじめ関係者が快諾し、実現に至りました。

「急かない」ことの難しさ

アラフォーに訪れたひと夏の経験、とでもいいましょうか。初のばんえい実況に心躍りました。ばんえい競馬を生で見るのは約10年ぶりでしたが、レースはネット中継などで見ていますし、「普段の中央競馬の実況と大差はないだろう。同じ競馬なのだ」などと気楽に構えていたのです。ところが……。

迎えた当日。中央騎手が登場するエキシビションレースは、通常のレースの合間に2回組まれていました。同日の第1レースの実況を担当した坂田博昭アナに、ばんえい競馬の実況のポイントを質問しました。

競馬実況13年目にして初のばんえい競馬実況に挑んだ

競馬実況13年目にして初のばんえい競馬実況に挑んだ

「私も当初は、サラブレッドの平地のレースみたいな実況だといわれましたよ。もちろん見えたものをしゃべるのが基本です。そのうえで、なるべく急(せ)かないようにすることが大事です」

急かない。ばん馬のスピード感に合わせてアナウンスすることが肝要なのだと教わりました。後は練習する間もなくイベントに出演して実況席へ駆け込んで、いざエキシビション第1レースの実況――。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
シンガポール・クランジでは重賞も制覇した=藤井騎手提供

 オーストラリアでスタートした「騎手人生」がいま、大きな転機を迎えようとしている。2019年度の日本中央競馬会(JRA)新規騎手試験第1次試験(学科、筆記)に合格した藤井勘一郎騎手。過去5回の挑戦はい …続き (1/19)

見るもの全てが新鮮だった(ハッピーバレー競馬場の夜間開催)

 いまや毎年、1000万人を超える日本人が海外へ渡航する時代です。そんな時代に、日本から一歩も出たことがないまま30代半ばを迎えていた私。そんな私も2018年、競馬実況という仕事を通じて、人生初の渡航 …続き (1/5)

秋華賞を制し、史上5頭目の牝馬三冠を達成したアーモンドアイ=共同共同

 2018年もきょうを含めて残すところあと10日。中央競馬の開催も残り3日です。ここで、独断と偏見による「私選・18年中央競馬5大ニュース」をお送りします。 …続き (2018/12/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]