/

日朝が7月に極秘接触か ベトナムで 米紙報道

【ワシントン=永沢毅】米紙ワシントン・ポストは28日、日本と北朝鮮の政府当局者が7月にベトナムで秘密裏に接触していたと報じた。北村滋内閣情報官と北朝鮮のキム・ソンヘ統一戦線策略室長が出席したとされ、日本人拉致問題などを協議した可能性がある。ただ、日本は米国に事前に伝えていなかったため、米政府高官が不快感を示しているという。

日本の政府当局者は同紙に対し、拉致問題の解決にあたってはトランプ政権だけを頼りにすることはできないと語った。

また、6月にワシントンで開いた日米首脳会談で、トランプ大統領が安倍晋三首相に「(太平洋戦争の発端となった)真珠湾攻撃のことを忘れない」と発言し、対日貿易赤字に不満を示したこともあったという。そのうえで、米国がより牛肉や自動車を輸出しやすくするよう2国間の通商交渉に応じるよう求めた。

この日米首脳会談はシンガポールでの米朝首脳会談の直前に開かれた。安倍首相は電話などでトランプ氏に、北朝鮮が非核化の具体的な行動をとるまでは米韓合同軍事演習を停止したり、朝鮮戦争の「終戦宣言」に応じたりしないよう助言していた。ただ、トランプ氏はそうした助言につれない反応だったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン