グーグル「検索に政治思想の偏りない」 トランプ氏ツイートに反論

2018/8/29 3:49 (2018/8/29 6:28更新)
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】トランプ米大統領がグーグルのニュースの検索結果に共和党寄りのメディアの記事が少なく「不正操作がある」と批判したことについて、グーグルは28日、「政治情勢を操るために検索結果を順位付けすることは決してない」と反論した。トランプ氏は最近、米IT各社を批判しており、中間選挙が近づくなかで矛先がグーグルにも向かった格好だ。

トランプ大統領の矛先はグーグルにも向けられた=ロイター

トランプ氏は28日朝にツイッターへの投稿で「グーグルで『トランプニュース』と検索すると、フェイク(偽)ニュースメディアしか表示されない」と指摘。96%が左翼メディアの記事だと主張し、「保守主義の意見を隠している」「(グーグルは)我々が見えるものと見えないものをコントロールしている」と批判した。

これに対し、グーグルは同日に声明を公表。検索結果について「政治的思想の偏りはない」と強調した。「ユーザーが検索した言葉に最も関連性の高い結果を受け取れることが我々の目標だ」としており「毎年、数百回にのぼるアルゴリズムの改善をおこなっている」と説明した。

トランプ氏はこれまでも、IT企業に対する批判を繰り返している。

8月中旬には、フェイスブックなどのソーシャルメディアがヘイトスピーチだと捉えた投稿を自主的に削除したことについて、ロイター通信とのインタビューで「本当に危険だ」と話した。ツイッターでも「ソーシャルメディアは共和党、保守の声を完全に差別している」と"口撃"していた。

トランプ氏は28日午後、ホワイトハウスで記者団に「グーグルは多くの人をだましている。とても深刻なことだ」と改めて批判した。ツイッターやフェイスブックも名指しして「大半の米国人にとって不公平だ」と不満を漏らした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]