米メキシコNAFTA合意「WTO骨抜きに」 上智大・川瀬氏

2018/8/28 23:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

川瀬剛志氏(上智大教授) 1994年の北米自由貿易協定(NAFTA)発効以降、米国企業は加盟3カ国にまたがってサプライチェーン(供給網)を構築してきた。今後もし米がメキシコとカナダとそれぞれ協定を結ぶとなると、NAFTAの利点が失われ、米国企業は供給網の見直しや再編を迫られる。米の産業界や議会から反対論が出るのではないか。

米は力を背…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]