/

この記事は会員限定です

米メキシコNAFTA合意「WTO骨抜きに」 上智大・川瀬氏

[有料会員限定]

川瀬剛志氏(上智大教授) 1994年の北米自由貿易協定(NAFTA)発効以降、米国企業は加盟3カ国にまたがってサプライチェーン(供給網)を構築してきた。今後もし米がメキシコとカナダとそれぞれ協定を結ぶとなると、NAFTAの利点が失われ、米国企業は供給網の見直しや再編を迫られる。米の産業界や議会から反対論が出るのではないか。

米は力を背景に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン