米メキシコNAFTA合意「米強硬姿勢に拍車」大和総研・熊谷亮丸氏

2018/8/28 23:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊谷亮丸氏(大和総研) 米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で大筋合意し、最悪のシナリオは回避した。メキシコは米国向けの世界の自動車メーカーの拠点となっているため、追加関税が貿易コストの上昇につながり、米国消費、ひいては世界景気を冷やす懸念があったためだ。

一方で、トランプ米大統領は多国間協議ではなく、自身の主張を通しやすい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]