/

この記事は会員限定です

米、大豆農家などに5200億円 貿易戦争の長期化備え

[有料会員限定]

トランプ米政権は中国との貿易戦争で打撃を受ける大豆やトウモロコシなどの農家に対し、9月4日から計47億ドル(約5200億円)の支給を始める。中国は中小の輸出企業への銀行融資を促し、資金繰りを助ける。米中の妥協点が見えないなか長期戦は必至だが、経済実態を軽視した対立の代償は大きい。

米メディアによると、大豆農家には約36億ドルが支払われ、豚肉、酪農、小麦農家なども別に支援金を受け取る。推計12億ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン