2018年11月18日(日)

米、大豆農家などに5200億円 貿易戦争の長期化備え

トランプ政権
米中衝突
貿易摩擦
習政権
中国・台湾
北米
2018/8/28 21:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米政権は中国との貿易戦争で打撃を受ける大豆やトウモロコシなどの農家に対し、9月4日から計47億ドル(約5200億円)の支給を始める。中国は中小の輸出企業への銀行融資を促し、資金繰りを助ける。米中の妥協点が見えないなか長期戦は必至だが、経済実態を軽視した対立の代償は大きい。

米メディアによると、大豆農家には約36億ドルが支払われ、豚肉、酪農、小麦農家なども別に支援金を受け取る。推計12億ド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報