2019年2月21日(木)

2/21 19:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,745億円
  • 東証2部 76,366億円
  • ジャスダック 90,303億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍13.93倍
株式益回り7.38%7.17%
配当利回り1.87% 1.95%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,464.23 +32.74
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,440 +20

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

税で促す「貯蓄から投資」 取得費加算の特例見直し
編集委員 前田昌孝

2018/8/29 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

例年通りの日程ならば、金融庁は8月末に2019年度の税制改正要望を提出する。今年は日銀が家計の投資信託保有残高を大幅に下方修正したこともあり、「貯蓄から投資へ」の政策の練り直しが求められる。金融庁は今回、相続した株式などの売却がいつになっても、「取得費加算の特例」を受けられるように見直しを要望するという。売却に期限を設けないことで、慌てて売るのを防ぐのが狙いだが、果たして奏功するだろうか。

投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム