/

この記事は会員限定です

破局的噴火、「確率1%でも対応不可欠」 巽神戸大教授

[有料会員限定]

地下にある大量のマグマを一気に噴き出し、日本や世界に壊滅的な被害をもたらす破局的噴火。発生は1万年に1回ほどとされ、日本では北海道と九州で過去12万年に10回起き、直近では約7300年前に鹿児島県南方の鬼界カルデラの噴火で発生した。神戸大学の巽好幸教授は今後100年での発生確率を1%と予測し、破局的噴火の「準備段階に入った恐れがある」とみる。

――破局的噴火とはどういう噴火なのでしょうか。

「地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン