2018年9月21日(金)

破局的噴火、「確率1%でも対応不可欠」 巽神戸大教授

科学&新技術
2018/8/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 地下にある大量のマグマを一気に噴き出し、日本や世界に壊滅的な被害をもたらす破局的噴火。発生は1万年に1回ほどとされ、日本では北海道と九州で過去12万年に10回起き、直近では約7300年前に鹿児島県南方の鬼界カルデラの噴火で発生した。神戸大学の巽好幸教授は今後100年での発生確率を1%と予測し、破局的噴火の「準備段階に入った恐れがある」とみる。

 ――破局的噴火とはどういう噴火なのでしょうか。

 「地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報