/

この記事は会員限定です

福井の伝統工芸海外へ 外国人から助言、アートに活用

[有料会員限定]

伝統工芸品の生産が盛んな福井県で、海外市場を掘り起こそうという機運が高まっている。越前漆器は外国人デザイナーを招いて製品を開発。越前和紙はアート用として売り込みを強化する。生活様式の変化などで生産が落ち込む伝統工芸品だが、技術の見せ方や用途の工夫で海外展開に活路を求める。

7月、うるしの里会館(福井県鯖江市)で開かれた「夜学塾」で、越前漆器の職人や経営者ら約30人が、海外のデザイナーや東京芸術大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン