/

北海道の社長の出身大学、北海学園が最多

帝国データバンク札幌支店の調査によると、北海道内企業の社長の出身大学は北海学園大学が893人で最も多かった。次いで日本大学(707人)、北海道大学(479人)などが続く。

社長の出身大学でトップになった北海学園大学

6月時点で、道内の社長の1万1141人を調査した。北海学園大出身の経営者はニトリホールディングスの似鳥昭雄会長、クリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)の伊藤博之社長らが知られる。日経BPコンサルティング(東京・港)の大学ブランド・イメージ調査でも、同大学は「精神的にタフ」「柔軟性がある」といった評価が道内大学でトップだった。

年商規模でみると、年商10億円未満の企業で北海学園大学が多い。10~50億円未満は日大、100億円以上は北大が最多だった。一方、女性社長は藤女子短期大学がトップで、北海学園大学は北大などと並び2位だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン