コンクリパイル国内出荷0.5%増 7月

2018/8/28 18:16
保存
共有
印刷
その他

コンクリートポール・パイル協会(東京・港)がまとめた7月のコンクリートパイルの国内出荷量は24万1104トンと、前年同月に比べ0.5%増えた。官公庁向けは減ったものの、需要の7割以上を占める民需向けが好調だった。

コンクリートパイルは建築物の基礎に杭(くい)として使う。官公庁向けは庁舎や文化施設向けが低調で、5.5%減った。一方、民需向けは住宅や店舗などでの需要が好調で2.4%増加した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]