2019年2月19日(火)

2/19 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上場企業3期ぶり減益 車や電機失速、2019年3月期予想
  2. 2位: オリエンタルランド、「新幹線」に迫る「ミッキー」[有料会員限定]
  3. 3位: サンドラッグ、増益の大記録を止めた3つの壁[有料会員限定]
  4. 4位: 「ドル建て」日本国債に資金、海外勢の買い拡大[有料会員限定]
  5. 5位: 株価大幅反発も市場に高揚感なし チャートが映す弱気[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,281.40 -0.45
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,270 -30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

オリックス銀、不動産収支をAIで試算

2018/8/28 20:00
保存
共有
印刷
その他

オリックス銀行は28日、投資家が不動産の賃料や将来収支を人工知能(AI)で試算できるサービスを始めると発表した。9月5日からネット上で公開し、会員登録すれば無料で使える。投資に不慣れな顧客でも返済リスクを把握できるようにし、主力の不動産ローンの顧客を広げる。

物件価格や借り入れ条件を入力すれば、最長50年後までの賃料や空室率と、修繕費などの経費を加味した収支とローン返済額がわかる。東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県と名古屋、京都、大阪、福岡の4市が対象。銀行が不動産収支のシミュレーションを提供するのは初めてという。

投資用不動産向けのAI予測システムを開発するリーウェイズ(東京・渋谷)のシステムに、同行がアパートや修繕費の情報を追加。約5800万件の賃貸物件のデータを使う。画面上には周辺の投資用物件の広告も表示。投資家は、自ら購入を希望する物件との収支などを比較できる。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム