/

この記事は会員限定です

熊本ソフトウェア、コケ原料 ペットフード

[有料会員限定]

第三セクターの熊本ソフトウェア(熊本県益城町、足立国功社長)は犬や猫用のペットフードを開発し、9月に製品化する。熊本ソフトウェアの制御技術と東海大学農学部の知見を生かし、原料となるモウセンゴケを高い効率で栽培できるようにした。まず動物病院大手の竜之介動物病院(熊本市)が来院者向けに売り出す。

開発したのは、モウセンゴケの粉末を混ぜたジャーキー(60グラム入り、税抜き1500円)とクッキー(50グ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン