2018年9月25日(火)

北朝鮮密輸船、日本に寄港続く 取り締まり体制不備で
元国連制裁専門委員 古川勝久氏インタビュー

北朝鮮
中国・台湾
朝鮮半島
北米
2018/8/29 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国際社会による対北朝鮮制裁の包囲網の緩みに懸念が広がっている。国連北朝鮮制裁委員会の専門家パネルは8月、北朝鮮がすでに年間上限の50万バレルを超える石油精製品を密輸していると指摘した。2011年から16年まで専門家パネル委員を務めた古川勝久氏は日本経済新聞のインタビューで、各国の取り締まり体制の不備を指摘。密輸に関与した疑いのある船舶が日本に寄港しても摘発できない実態が続いていると明かした。

 ―…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報