2018年11月15日(木)

楽天子会社、ネット会議サービス刷新 ブラウザ上で動作

ネット・IT
IoT
モバイル・5G
2018/8/28 15:22
保存
共有
印刷
その他

楽天の通信子会社、楽天コミュニケーションズ(東京・世田谷)は28日、インターネット会議システム「コネクト・ライブ」の提供を始めたと発表した。これまでは「チャイム・ミーティングス」というサービス名だったが、機能を追加し名称を変更した。端末を同時接続できる数が増えたほか、スマートフォン(スマホ)でも接続できるようになった。

利用者はソフトウエアなどを事前にダウンロードする必要がなく、米マイクロソフトの「インターネットエクスプローラー」や米グーグルの「クローム」など代表的なブラウザー上で利用できる。会議の主催者が発行するURLをクリックするだけで会議を始められる。会議以外にも、サポートデスク、遠隔診療、遠隔商談・面接などの利用も想定している。

楽天もコネクト・ライブを導入する。電子商取引(EC)サイトの「楽天市場」への出店を検討する企業との打ち合わせなどに使う。遠隔地でも商談できるようになり、移動時間やコストの削減につながるとしている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報