2019年8月23日(金)

米の対ロ制裁、抑止効果乏しく 強硬策に二の足

2018/8/28 15:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮、モスクワ=小川知世】トランプ米政権が米国への選挙介入や英国での化学兵器使用の代償として、ロシアへの経済制裁を乱発している。プーチン大統領の周辺も制裁対象としたが、ロシア国債の取引停止などの強硬策は米欧経済にも悪影響を及ぼしかねないとして二の足を踏む。制裁による対ロ抑止力は限定的だ。

「制裁はロシアが行動を変えるまで続く」。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は24日の記…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。