/

この記事は会員限定です

米の対ロ制裁、抑止効果乏しく 強硬策に二の足

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮、モスクワ=小川知世】トランプ米政権が米国への選挙介入や英国での化学兵器使用の代償として、ロシアへの経済制裁を乱発している。プーチン大統領の周辺も制裁対象としたが、ロシア国債の取引停止などの強硬策は米欧経済にも悪影響を及ぼしかねないとして二の足を踏む。制裁による対ロ抑止力は限定的だ。

「制裁はロシアが行動を変えるまで続く」。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は24日の記者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン