/

モス、ご当地バーガー2種発売 「デミグラ牛カツ」など

モスフードサービスは28日、「モスバーガー」で9月13日からご当地バーガー2種を11月中旬までの期間限定で発売すると発表した。全国のスタッフから、地元のおいしい食べ物をハンバーガーにアレンジするアイデアを募った。ご当地バーガーの販売は今年で4回目となる。

「ご当地モス」シリーズとして、「兵庫・加古川 デミグラ牛カツバーガー」と「静岡・駿河湾水揚げ 桜えびコロッケバーガー」の2種を開発した。2651件のアイデアの応募があり、審査を重ね商品化した。応募は昨年の2倍以上になったという。モスフードの中村栄輔社長は「地域の食を大切にしたキャンペーンが根付いている」と評し、自社の特徴づくりにつなげる。

牛カツバーガーは、牛カツと濃厚なデミグラスソースが特徴という。デミグラスソースには、しょうゆや赤ワインを加え、モスフードが独自に開発した。販売価格は410円。

桜えびコロッケバーガーは、駿河湾でとれた桜えびをコロッケに使った。漁期が年2回の希少な食材をふんだんに使った。桜えびの香りと風味が楽しめるようにした。価格は430円。

日本各地の名物料理をハンバーガーにアレンジして全国展開するのは、日本マクドナルドなども実施している。モスフードの特徴として、「全国のスタッフからアイデアを募ったことで、地域の自慢の味を全国に届けられる」(中村社長)とする。ご当地バーガーの開発を継続することで、地域に根差し、地域の活性化につながるブランドを目指す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません