/

この記事は会員限定です

「菅ショック」KDDI直撃 個人依存で株価一人負け

[有料会員限定]

KDDIは28日、米動画配信大手ネットフリックスと組んだ料金プランの提供を始めた。1週間前には菅義偉官房長官が国内の携帯料金について「4割程度下げる余地がある」と発言。国内の通信事業への依存度が高いKDDI(au)は携帯大手3社のなかで株価が最も下落した。通信に依存せず動画や金融など「非通信」分野の育成を進めようという矢先に、思わぬ逆風となっている。

「別々に契約するよりも安い料金設定だ。(政府の値下げ要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン