2018年11月22日(木)

拘束男性、北朝鮮出国か 28日にも帰国

北朝鮮
朝鮮半島
2018/8/28 9:40
保存
共有
印刷
その他

【平壌、北京=共同】北朝鮮で今月上旬に拘束され、国外追放処分となった日本人観光客とみられる男性が28日、北朝鮮を出国した。共同通信記者の取材に本人だと答えた。空路で平壌から北京に行き、同日中にも帰国するとみられる。日本政府は男性が拘束された経緯などについて調査。今後の対応を巡り、北朝鮮側とも北京の外交ルートなどを通じて接触を続けているもようだ。

北朝鮮の朝鮮中央通信によると、男性は杉本倫孝氏。27日に既に解放されたとの情報が流れるなど、男性の状況を巡って情報が錯綜(さくそう)した。

日本政府関係者らによると、杉本氏は39歳で、映像製作関連の仕事をしている。中国に拠点を置く旅行会社のツアーに参加して訪朝し、今月上旬、西部の港湾都市・南浦で拘束されたという。

朝鮮中央通信は、杉本氏が北朝鮮の法に違反する罪を犯し、関係機関が取り調べた上で「寛大に許し、国外追放を決めた」としている。法違反の具体的な内容などは明らかにしていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報