/

受験料返還の集団請求検討 東京医大不正で消費者団体

東京医科大の不正入試問題で、特定適格消費者団体「消費者機構日本」(東京)は28日までに、過去に同大学を受験した人の相談の受け付けを始めた。内容によって受験料返還の集団請求や損害賠償請求訴訟を検討する。

相談は不利な得点調整があった女子や3浪以上の男子だけでなく、幅広く受け付ける方針。特定適格消費者団体が被害回復のため代わりに訴訟を起こす制度は2016年10月に始まり、今回、訴訟を希望する場合は17、18年の受験生が対象になる。

相談は平日午前10時~正午、午後1~5時に電話(03・5212・3066)か、ホームページ(http://www.coj.gr.jp/zesei/topic_180827_01.html)で受け付けている。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません