2018年9月21日(金)

大麻販売、仏で相次ぎ摘発なぜ (グローバルViews)
パリ支局 白石透冴

グローバルViews
コラム(国際・アジア)
ヨーロッパ
2018/8/30 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大麻の使用や販売が禁止されるフランスで、大麻関連の売店の摘発が相次いでいる。法令を拡大解釈した店舗が「合法」大麻を堂々と売り始め、危機感を強めた警察当局が一斉に摘発しているためだ。大麻は隣国スイスなどで合法的に栽培されたとみられ、法制が異なる国同士が隣り合う欧州での取り締まりの難しさも浮き彫りになっている。

 仏当局は8月下旬、南部トゥールーズの大麻関連商品の売店3店を一斉摘発した。商品を押収した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報