2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

マーケット > 海外 > NY特急便 > 記事

NY特急便

フォローする

米メキシコ合意 「痛み」に惑う出遅れ投資家
米州総局 宮本岳則

北米
2018/8/28 7:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 良いニュースには大きく反応し、悪い話は材料視せず――。米国株式市場は典型的な「リスクオン」相場に入ったようだ。27日は北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、米国とメキシコが大筋で合意に達したと発表。ダウ工業株30種平均は史上最高値に接近した。ただ市場の声に耳を傾けると、皆がこの株高に熱狂しているわけではない。むしろ「痛み」を感じている投資家も少なくない。

 「世界的な貿易摩擦が緩和に向かうとの見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

ニューヨーク市場の動き

電子版トップマーケットトップ

NY特急便 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム