2018年11月14日(水)

産総研、茨城・日立で自動運転バス実証評価 18年10月

北関東・信越
自動運転
2018/8/27 21:15
保存
共有
印刷
その他

産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は27日、同県日立市で10月19~28日に自動運転バスを使った自動運転の実証評価を行うと発表した。バス高速輸送システムの専用道と一般道で自動運転バスを走らせ、こうしたサービスが交通事業者や一般市民などに受け入れられるかを評価する。

旧日立電鉄線の跡地を活用したバス高速輸送システム「ひたちBRT」の専用道と一般道計3.2キロメートルで実証実験をする。運転席にはドライバーが座るものの、不具合時を除きシステム主体で自動運転を行う。

先進モビリティ(東京・目黒)が市販の小型バスを改造した車両を使い、SBドライブ(東京・港)の遠隔運行管理システムで運行状態を把握して安全性を確保する。

産総研はこれまで沖縄県北谷町と福井県永平寺町、石川県輪島市で自動運転の実証評価を行っている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報