/

特定の筋ジス、酸化ストレスで悪化 京大

京都大学の桜井英俊准教授らの研究チームは27日、筋力が徐々に衰える難病「筋ジストロフィー」の特定のタイプが悪化する仕組みを突き止めた。患者から作ったiPS細胞を使った実験で、体内の活性酸素などによる「酸化ストレス」が影響することをつかんだ。抗酸化剤による治療法の開発に道を開くという。

対象の病気は「顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー(FSHD)」。骨格筋の細胞が死んで筋力が低下する難病で、根本的な治療法はない。国内患者は推計6000人。筋肉細胞で遺伝子「DUX4」が活発に働くと発症することが知られている。運動や紫外線などとの関係が指摘されていた。

研究チームは患者2人のiPS細胞を作り、骨格筋の細胞に育てた。過酸化水素を培養液に加えて酸化ストレスを与えると、DUX4の働きが高まった。酸化ストレスは様々な病気で影響が指摘されているが、筋ジストロフィーの悪化に関わることを突き止めたのは初めてという。

研究チームは動物実験などを進めて、悪化を抑える治療薬の開発を目指す。根治を目指した遺伝子治療や再生医療などの研究も進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン