2018年11月21日(水)

人民元が大幅反発 中国人民銀、元安抑制策を再開
にじむ対米配慮 管理強化に批判も

習政権
中国・台湾
2018/8/27 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】人民元の対ドル相場が27日、大幅反発した。終値は1ドル=6.81元台と1日以来の高値を付けた。24日夜に中国人民銀行(中央銀行)が元安抑制策を再開すると発表、機関投資家などが元の買い戻しを急いだ。元安を問題視するトランプ米政権への配慮がにじむが、厳しい管理相場への逆戻りには批判もある。

人民銀は毎朝、ドル取引の目安となる「基準値」を公表するが、元安に進みにくくなるよう操作を加える…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報