/

この記事は会員限定です

携帯値下げ、政権の本気 家計負担減の実感狙う

[有料会員限定]

政府が携帯電話料金の引き下げに本腰を入れている。菅義偉官房長官は27日の記者会見で「スピード感をもって検討する」と表明し、中古端末の利用促進などを急ぐ考えを示した。政権の経済政策「アベノミクス」は有効求人倍率などで成果をあげているが「景気回復の実感がない」との不満もくすぶる。家計負担を減らし高齢者や若年層の支持を得る狙いだ。

菅氏は「携帯電話の市場の競争を一層促進する」と述べた。念頭に置くのは端末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン