/

永守・日本電産会長、市民会館を寄付 出身の京都 向日市に

日本電産の永守重信会長は27日、個人として京都府向日市に市民会館を寄付すると発表した。工事費は約32億円。永守会長は向日市出身。同日の記者会見で「お金は持って死ねないし、こどもに与えてもいいものでもない。医療、教育、地元を中心に少しずつ困っているところに使っていきたい」と話した。

建設するのは「永守重信市民会館」。地上3階建てで、延べ床面積は約3千平方メートル。2021年度に完成する予定。耐震上の問題から既存施設が休館となっていた。新設する向日市の庁舎の隣に建設し、一体で運用する計画だ。500席ある多目的ホールや会議室を備え、緊急避難場所としても役立てる。

永守会長は京都府立医科大学にがんセンターを寄付したほか、京都学園大学に寄付し、大学経営に乗り出すなど個人資産の寄付を加速している。

日本電産は企業としても約2千億円を投資し、向日市にグループ会社の本社・開発部門を集約する予定だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン