京都市、宿泊税の代行徴収で協定 楽天子会社と

2018/8/27 18:47
保存
共有
印刷
その他

京都市は27日、楽天の民泊事業子会社、楽天ライフルステイ(東京・千代田)と宿泊税の代行徴収で協定書を結んだ。京都市は10月1日から宿泊税を徴収する予定。民泊事業者から漏れなく宿泊税を徴収するため楽天ライフルステイ以外にも代行徴収を依頼し、事務作業の手間を省く考えだ。

門川大作市長は「今回の例をモデルとして、(民泊事業者と宿泊者を仲介する)事業者と協定で代行徴収の手続きを広げていきたい」と語った。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]