/

ゲーム大会敗退に不満か 乱射容疑者の動機を捜査

【ニューヨーク=共同】米南部フロリダ州ジャクソンビルで起きた銃乱射事件で、警察当局は26日、動機解明に向けた捜査を本格化させた。容疑者の男は現場で開かれていたビデオゲーム大会で敗退した後に他の参加者らに向けて発砲し、自殺した。警察はゲームの結果への不満が背景となった可能性などを調べる。

ジャクソンビルの警察によると、男は東部メリーランド州ボルティモアのデビッド・カッツ容疑者(24)とみられる。米メディアによると、警察当局は26日、カッツ容疑者の自宅を家宅捜索し家族から事情を聴いた。

インターネットで中継されていた大会の映像によると、参加者のプレー中、銃声が突然響き始め、悲鳴が聞こえた。

AP通信によると、最初の銃声の直前、銃の照準を合わせる際などに使われるレーザー光線のような赤い点が、参加者の胸付近で光っていたのも記録されているという。

目撃者の話では、カッツ容疑者は現場で前日から開かれていたアメリカンフットボールのゲームの大会に出場。大会では負けたことに強い衝撃を受けている様子の参加者も複数いたという。容疑者は2017年の同じゲームの大会で優勝していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン