2018年11月17日(土)

5Gの利用帯域拡大 総務省検討、国際協調にらみ

経済
2018/8/27 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省は次世代通信規格「第5世代(5G)」向けの周波数の帯域を増やす方針だ。大容量のやりとりができる高い周波数帯については27.5~29.5ギガ(ギガは10億)ヘルツの範囲を使うのが既定路線。さらに隣の27.0~27.5ギガヘルツの部分も5G用に割り当てる方向で調整する。この帯域を利用候補とする欧州などに歩調を合わせる。帯域幅が広がれば多様なサービスにつながる期待もある。

一般に高い周波数帯にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報