/

この記事は会員限定です

「一帯一路」安倍首相やボルボも使うしたたかさ

[有料会員限定]

米トランプ政権が中国への制裁関税第2弾を発動した8月23日の前日、中国・北京にアジア各国から外国人記者らが集まった。日本、韓国、北朝鮮、モンゴル、インド、パキスタン、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、ラオス……。社会主義国を含む多様な顔ぶれである。

フォーラムを開いた中国側の意図は、提唱から5年を迎えた陸路と海路で中国と欧州、アフリカまでをつなぐ広域経済圏構想「一帯一路」(新シルクロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン