2019年1月20日(日)

名古屋市、世界最大のトカゲ 東山動植物園に導入検討

2018/8/27 13:30
保存
共有
印刷
その他

名古屋市の河村たかし市長は27日の記者会見で、インドネシアに生息する世界最大のトカゲ「コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)」を東山動植物園に導入する構想を明らかにした。同国に出張中だった20日に市長がタマンサファリ動物園を訪問し、コモドドラゴンの提供を要請した。

コモドオオトカゲのぬいぐるみを手にする河村たかし市長(27日、名古屋市中区)

市長は「コモドドラゴンをぜひ名古屋に来年中にお迎えしたい」と述べた。「(タマンサファリ動物園側も)OKという返事だった」という。今後、正式に市から同園に動物の提供や交流強化について手続きを進めるという。

コモドドラゴンは体重70~100キログラム程度で、体長は3メートルを超す個体もいる大型の爬虫(はちゅう)類。日本国内での飼育実績はあるものの、現在飼育している動物園はないという。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報