/

名古屋市、世界最大のトカゲ 東山動植物園に導入検討

名古屋市の河村たかし市長は27日の記者会見で、インドネシアに生息する世界最大のトカゲ「コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)」を東山動植物園に導入する構想を明らかにした。同国に出張中だった20日に市長がタマンサファリ動物園を訪問し、コモドドラゴンの提供を要請した。

市長は「コモドドラゴンをぜひ名古屋に来年中にお迎えしたい」と述べた。「(タマンサファリ動物園側も)OKという返事だった」という。今後、正式に市から同園に動物の提供や交流強化について手続きを進めるという。

コモドドラゴンは体重70~100キログラム程度で、体長は3メートルを超す個体もいる大型の爬虫(はちゅう)類。日本国内での飼育実績はあるものの、現在飼育している動物園はないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン