2018年11月20日(火)

「偉大なる小国」オランダの教訓 西洋史家 本村 凌二

あすへの話題
2018/8/31 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長崎、出島、シーボルト、蘭学とくると、オランダは過去の国という印象が強い。同じ過去でも、エラスムス、スピノザ、レンブラント、ゴッホと並ぶと、「偉大なる小国」と見直したくなる。しかも、今でも世界の投資市場にあってアメリカに伍(ご)すほどの活動を行っているのだから、ますます興味がわくではないか。

先日、旧知の元駐オランダ大使肥塚隆氏の話を聞きに出かけた。P・J・リートベルゲン『オランダ小史』(かまく…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報