2018年11月16日(金)

解ける北極圏 資源・航海ルートに期待 (グローバルViews)
国際アジア部 木寺もも子

グローバルViews
コラム(国際・アジア)
(1/2ページ)
2018/8/29 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

温暖化で北極圏の氷が解け、極寒の地の開発が現実味を帯びてきた。現在は夏しか通れない航行ルートは2030年ごろに氷がなくなるとされ、アジアと欧州を結ぶ海の道が大幅に短縮されそう。石油や天然ガスなど、地球上にある4分の1を占めるとされる未発見資源も眠っているという。地球最後のフロンティアに期待が高まるが、国際競争の激化で安全保障を巡る対立への懸念も出てきている。

日本が連日の猛暑に見舞われた7月中旬…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

極東にLNG中継基地 日ロ協力、エネ調達を多角化[有料会員限定]

2018/7/30 18:14

世界各地で酷暑、高まる危険[有料会員限定]

2018/8/1付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報