2018年11月16日(金)

厚労省でデータ問題再び? 補填不足に怒る医療界
霞が関2018

政策研究
経済
2018/8/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省がデータ分析を巡る問題で医療界から批判を受けている。2014年の消費税率引き上げ後、医療機器などの仕入れ費用の増税分を補填する制度が十分機能していなかったことが発覚。その原因が厚労省の調査ミスで、きちんと補填されていると分析されていたことだったからだ。裁量労働制に関する不適切な調査データを巡る騒動が収束しつつあったが、データ問題で再び信頼回復が遠のきかねない。

■消費増税分の補填率を分析

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報