2019年2月22日(金)

豪外相に2代続けて女性 モリソン新首相が指名

2018/8/26 21:12
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】オーストラリアのモリソン新首相は26日、新内閣の顔ぶれを発表した。外相には辞意を表明したビショップ氏のかわりにペイン国防相が横滑り。2代続けて女性外相。環太平洋経済連携協定(TPP)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)を担当する貿易・観光・投資相にはバーミンガム教育・訓練相をあてた。

新内閣は27日以降に発足する。24日の与党、自由党の党内選で党首に選ばれたモリソン氏はターンブル前党首(首相)の側近とされ、全体に前政権からの政策継承を意識した布陣。前政権でモリソン氏が務めた財務相には自由党の副党首、フライデンバーグ環境・エネルギー相を指名。21日に内相を辞任し、党首選に出馬したが敗れたダットン氏は内相に返り咲く。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報